大城葉月さん ルーブルこども園・園長

それぞれの光る才能を見つけて育てる

はじまして。「はづき」と言います。葉月は陰暦8月の異名です。ちょうど今ごろですね(取材時は8月下旬)。

ちょっと不思議な話なのですが、こののびしろこども園ができることが決まったとき、夢を見たんです。ピンクの水晶が川のなかでキラキラと光っていました。まるで、珊瑚の産卵みたいに神秘的で、美しい夢でした。その夢が忘れられなくて。生命の営みというか、パワーを感じました。こういうインスピレーションを大事にしたいなとも思っています。

のびしろこども園の姉妹園となる「ルーブルこども園」の園長になって、約13年。これまでたくさんの子どもたちに出会ってきました。ルーブルこども園では、子どもたち一人ひとりの個性を大事にしてきました。発達に支援が必要な子がいれば、この子に合ったものや好きなことをやらせてあげたいと、本人とご父母と積極的に話をしました。たとえば、発達のゆっくり君なAくんがいました。普段はシャイで口数が少ないんだけれど、三線(さんしん〈沖縄の三味線〉)が大好きで弾かせるとピカイチ! こども園(当時は保育園)の一大イベントである「おんがくおゆうぎ発表会」でも美しい音色を奏で、来場なさったお父様、お母様たちの心を魅了し、大きな拍手をいただきました。

当法人では、発達支援に30年前から取り組んでいます。発達段階はひとぞれぞれ。その子の得意なことや好きなことがわかったほうが、子どもが自発的に活動できると思い、多様性を重んじる取り組みを心がけています。

保育教諭は、こどもの将来についてご父母の皆様や地域のおじいちゃんおばあちゃんとともに考えながら実践できるようでありたいと考えています。

また、地域との連携も大切にしていきたい。そうすれば、こども園の人気三線弾きのAくん、卒園して小学校に行ったらなんだか輝きが失われてしまった……なんていうことはないはずなんです。

特別なケアが必要な子ども一人ひとりについて、どんなことに注意すればいいのか、ケアのしかたなどは、小学校の先生方にも引き継ぎはしています。それだけではなく「夢」も、ですね。Aくんのもつ「三線を弾きたい」という思いを共有する。すると小学校の校長先生が「あいわかった」と受け止めてくださり、小学校でも三線を披露する場ができました。また、Aくんのおじいちゃんの生年祝(トゥシビー)でも演奏した心温まるエピソードもあります。

ほかにも、「アナウンサーになりたい!」という女の子もいます。生まれつき筋肉が萎縮してしまう病をもった彼女はずっとこども園の運動会ではアナウンスを担当していました。もちろん、小学校にあがってもアナウンスのしごとは続けていましたよ。

ご紹介したのはごく一部ですけれど、子どもたちはそれぞれ光る才能をもっているんですね。子どもたちの得意なこと、好きなことを積極的に地域に投げかけ、つなげるようにしています。

保育士・保育教諭※1になるためのサポートも

子どもだけでなく、大人だって成長しますよね!?

いつまでも成長し続けることを前提に、先生たちへの学びのサポートもしています。毎月1回勉強会を開いたり、ほかの保育園・幼稚園への研修にも参加できるようにしています。また、給食の準備、お着替えやトイレへの誘導などで、先生方一人ひとりに役割をもってもらっています。また、「3年後には保育教諭としてこうなっていたい」という夢をもち、目的目標をもって毎日ワクワク仕事をするため、個々の能力を「見える化」※2しています。

※1 保育士資格+幼稚園教諭免許の両方を有する職員を指す
※2 ルーブルこども園では、「見える化」「聞こえる化」「体感化」を軸にしている

オーストラリアで教育の勉強をしてきたのですが、あちらでは保育園・幼稚園は4つ星、5つ星と評価基準があるんですね。評価をされるということは、ひとから見られているということ。このことを先生たちにも常に意識してほしいと、独自の評価基準「ルーブル4S」をつくりました。4段階にランク分けをして、キャリアアップをめざしてもらうためのしくみです。

保育補助員さんのバックアップにも力を入れています。「今度、保育士試験の対策講座があるよ」と声をかけたり※3、講座に出るためのシフトを調整したり、先輩の先生から実務についてのアドバイスをしたり。現場で実績を積みながら、補助員さんが試験を受けやすい環境づくりをしています。

※3 週に2回「保育士養成講座」の実施、固定シフト制や実習・講座に出席する場合の休暇取得、園外の研修の情報提供など

海外に興味をもつ保育教諭の方にもぜひ来てほしいですね。国際認証の教育機関があるように、国際的な子どもを育てるという意味だけでなく、広い世界を見てみたいという探究心を育てる。英語力も育成しながら、同時に母国語を大事にする。郷土愛という心を育てる。そういった特徴ある教育保育もこれから実践していきたいですね。

教えて、あなたの必需品!

ローズクオーツ

夢に出てきたこの石。なんと取材の前日にとある方からいただき、びっくり! きれいなピンク色から、珊瑚をもった女神を連想し、生命の源である海を想像しました。インスピレーションが次々出てくる特別な石です。